ヘッダー画像

みんなが絶対当てはまると思ったら勘違いです

信憑性の低い情報に騙されないようにしましょう
アダルトビデオなどの影響で「絶対にこんなことをしたら喜んでもらえる」などと間違えた嘘のセックステクニックを覚えてしまいがちです。 結果的に性行為の際にどうしても嫌がられてしまったり、演技をされてしまう”勘違いテクニック”を覚えている男性が近年非常に増えています。 この意味のないスキルを覚え、実際に実践している男性の大半が女性から「あまり何度もしたい相手ではない」というイメージを持たれてしまいます。 継続してアクションをするセックスフレンドのような関係を築くことができなくなるといわれています。 少しでも多くのパートナーと関係を継続できる関係でいたいと考えた場合です。 やはりこの思い上がりされがちな前戯を改善する必要があります。 そこで今回は自己満を改善して確実に相手から好まれる方程式を身につける方法を紹介します。 それは、ここではまず誤解の定番ともいえる行動が”強すぎる胸の愛撫”です。 胸へのペッティングはベッドインをする中でも最も女性が感じやすいため、これによって常に誰もが気合をいれて行うものです。 この愛撫はアダルトビデオなどでも、セクシー男優が乳首や胸全体を優しく強く吸い込むなどがあります。 激しく強く揉むなどオーバーリアクションで最中に実践していることから、ついつい力任せにやればよいと勘違いされやすいものとなっています。 実際にこれは勘違いで力任せに胸をタッチしてしまうとタイプによっては、このポイントは重要です。 これは結局これでは少なからず痛みを感じます。

雑誌やDVDなどと同じことができるとは勘違い

知識ばかりにならない
過剰な演出を鵜呑みにしない事
女性にとって胸はデリケートな部位であるため、できる限り優しく、そして柔らかい手つきで触られる程度の愛撫でなければ性的な刺激を受けて感じることはできません。 そのため勘違いセックステクニックのように”ただがむしゃらに力強くする”のではなく、”ソフトに壊れやすいものを触る手つきで優しく根でる行為をする”ようにしましょう。 このような手つきに変えるだけでも女性からは「この人は胸へのタッチが柔らかくとても上手な人だ」というような嬉しい認識に変わることに違いないでしょう。 またブラジャーなどのパッドの入っている下着の上から覆うように胸を揉む場合もあります。 下着の素材の硬さなどにより力強く胸を触ろうとしてしまいがちですから、もし、そのような場合は、できる限り下着から胸を露出させて胸をソフトに柔らかい愛撫するようにしましょう。 女性にとって下着やブラジャーの上からのペッティングは素材やパッドの関係から感じ方が半減してしまいます。 そのため実際に愛撫をされてもあまり感じることができずに大半の方が勘違いしてしまうような嘘の演技をしているといわれています。

勘違いの思い上がりが一番嫌がられます

思い上がらない事
感じているふりをすることもあります
人気の渋谷でも傾向は当然一緒で、朝、綺麗にヒゲを剃っていっても夕方になると青くなってしまうのは、多くの男性の悩みです。 無意味な愛撫を無くすためにもできる限り、ブラジャーなどはずらしてペッティングをできるようにしていきましょう。 また勘違いされやすいセックステクニックの中でも最も誤解されがちなのが性行為の後のピロータイムです。 ピロータイムは女性にとって一番大切な時間です。 プレイを終えた後の恍惚の時間は、一番相手に甘えるための時間であります。 そして相手との距離感を一気に縮めることができる時間でもあります。 そのため嫌われてしまう、敬遠されがちな行為後に”たばこを吸う”や”一人でシャワーを浴びに移動する”などのクールな対応をしてしまうことです。 相手の気持ちやモチベーションは落ち込んでしまうのです。 今後も何度も愛し合うことができる関係を築きたいと思う場合はどうでしょうか。 この時のテンションやモチベーションを常に上げておくためにもなるべく勘違いされがちなクールな行動はとらずに積極的に腕枕をする、話しかける、抱きつくなどの行為をするようにしましょう。 このような行動をするだけでも女性からの好感度はアップすることに違いありません。 勘違いされがちな行動を男性の視線から良かれと思い行動してしまうことで自然とテンションは下がってしまう場合があります。 このようなことを避けて常に嘘のないように女性からの気持ちが自分へと向くように嫌な思いをされがちな行動は避けたいものです