ヘッダー画像

失敗したら素直に謝ることが大切です

見栄を張ったりするとよくない方向に
童貞男性のケースは今後の送る人生にも関係してくる程、「最初が肝心」といわれているためです。 できる限り失敗せずに潤滑に成功させたいものです。 所謂素人のパターンが嫌な思いをしてしまった場合、今後新たにする際に「またできずにがミスしたらどうしよう」と考え、上手にすること自体がストレスとなり、そしてストレスにより勃起を成功させることができなくなることやセックスを失敗することに対してのトラウマがセックス嫌いを生んでしまうとも言われているのです。 このようなことにならないためにも、嫌われる事を避けて楽しく快楽のある技術を経験したいものです。 そこで今回は未経験でも確実に絶対に失敗しない女性目線から語る、可能なセックステクニックの体験談を紹介したいと思います。 まず、ここではじめての性行為の相手が処女であるのか、どれくらいの経験があるのかを確認しましょう。 相手が処女である場合、相手に対してもこれに対しての大きなトラウマをうまないようにいろいろと気をつけなくてはなりません。 例えば、処女の初体験は誰もが処女膜を喪失するためです。 ご存じの通り、これには痛みを多少は感じてしまいます。 この痛みを最小限に抑えるためにもできる限り、丁寧に前戯に時間を掛けて相手が気持ちよくて”感じる”もしくは”濡れる”ということを体に覚えさせるためなくてはいけません。 処女であれば初めての行為は誰もが「痛みや辛さは大丈夫かな」という不安があるため、この男性と同様経験をすることに対して多少の恐怖感などはあるものです。 そのため実際に体験をしてみると男女共に大半の人が「あれ!普通ってこんなものなのか?」これが「今やっている行動は失礼ではないかな?」などと自分の経験に対して不安や不満感を抱くものです。 とはいえ、どうにか、うまくプレイを失敗せずにセックステクニックを成功させるには、処女であっても童貞であっても最終的な”挿入をする”という目的は果たさなくてはいけません。 そのため、細かい一つ一つの動作を丁寧に行うことを意識して行為は行っていきましょう。

体験談や経験も実践で失敗しなければ活かせない

本番でなければわからない事
何度練習しても本番には敵いません
こういった失敗しないためのセックステクニックの一連の流れは、キスをすることから始まります。 次に優しく服を脱がし前戯(愛撫や手マン、フェラチオなど)、挿入となります。 これを頭に入れて実践してみましょう。 また相手が処女女性である場合は、この手マンは耐えられない痛みを感じそうであれば無理に行う必要はありません。 しかしやらない場合はきちんと失敗の体験談に丁寧な愛撫を行いましょう。 また挿入時に痛みを感じ相手が「痛い」と言ってきた場合は、挿入前に手マンまではいかずとも少し優しく局部を撫でたり触ってみたりしましょう。 これをするだけでも確実に痛みなどは激減することに違いないでしょう。 また沢山の経験のある年上とのセ行為の場合は、できる限り全ての失敗しないプレイの一連の流れを実践するようにしましょう。

無理に隠そうとすると失敗に繋がる恐れがある

緊張感と戦う
経験の無さや失敗は真面目さでカバーしましょう
相手が経験者であれば多少は処女とは違い、リラックスしながら、そういったミスを恐れずに何度も実践することが可能となるとの体験談です。 そして相手が無垢な処女、経験済の女性のどちらにしても自分が童貞である場合はきちんと相手に恥ずかしがらずに自分が童貞であることを伝えましょう。 一般的には実際に相手が童貞であることなどを気にするわけではありません。 ここでは確実にセックスを失敗させないためにも童貞であることを教えてもらえた方が何度かチャレンジすることで悪影響を及ぼしトラウマになりにくいなどの理由もあり、レディにとっても好都合であるといえます。 そのため必ず彼女には自分が童貞であることを羞恥心に負けずに報告しましょう。 また童貞を経験済みの年上に丁寧にリードしてもらいながら、これから卒業したいと考える場合は、出会い系サイトで童貞好きの年上を集ってみましょう。 童貞とプレイすることを好むパターンの大半が出会い系サイトを愛用しており、出会い系サイトで日々すぐにアクションが可能な童貞男性を探しています。 そのような方と性行為をすることでセックステクニックの失敗を避けることもできるため、安心しながら初体験をすることも良いでしょう。